バイクを査定に出す際にはバイクを綺麗にすることを心がけ、交換前のパーツは査定時に持参するようにします。

バイクを査定のコツ

バイクは車よりも比較的少ない資金で購入することが出来ますので、数年間乗って飽きてしまったら売却して次のバイクを購入するという人も少なくありません。
中古のバイクを購入するのであれば数万円からでも良いものを見つけられるでしょう。

そこで、少しでも次のバイク購入資金を増やすために、出来るだけ高くバイクを売るためのコツを覚えておきましょう。
まずはバイクを綺麗にしておくということです。
これは自動車の場合も同じですが、バイク買取業者が査定を行う際には車体の色々な部分をチェックします。
バイクが汚れていると査定がマイナスになることもありますので、ボディーをきちんと磨き出来るだけ新車に近づけておくのがポイントです。

さらにパーツを交換している場合には取り外したパーツをきちんと保管しておき、査定時には一緒に持参するようにします。
交換パーツは高い評価を得られることもありますが、人気のないパーツを付けている場合にはマイナス査定となることも考えられます。
新車購入時に付いていたパーツを一緒に持って行けば、このマイナスは回避できます。
そしてバイクを売るタイミングを見極めると言うことも非常に重要です。
モデルチェンジ前とモデルチェンジ後では査定額に大きな差が出ることもあります。
売ろうと思っているバイクの新しいモデルがいつ頃発売されるのかをチェックして、もし間に合いそうであれば新モデル発売前にバイク買取業者に持ち込みましょう。